小倉セメント製品工業株式会社

PRODUCTS

各種商品

U型水路
Channel Type

ポイント:可変勾配・階段工水路にも柔軟に対応できる大型プレキャスト開水路を開発しました。

1

【可変勾配水路】

平地、海面埋立て地等で道路勾配が殆ど無いところでも、水路勾配を適切に確保できるように工夫しております。

2

【階段工水路】

急峻な場所に造成された宅地、急勾配の法面等で水制を必要とする水路に対しては階段工で対応できます。

3

【工期の短縮・経済性】

現場打ちに対して、工期の短縮と施工費の縮減を可能にしました。

4

浮き上がり防止タイプ(ウィープホール付)も、
ご用意できますので、営業担当者にご相談ください。

形状寸法図(単位:mm)

標準タイプ

寸法表

表はスワイプすることができます。
呼び名 各寸法(mm) 参考重量
(kg)
増減重量(kg)
水路高さ
100mm当り
(注2)
B ☓ H(注1) T1 T2 b
700☓500〜1500 150 150 150 1613〜3113 150
800☓500〜1500 1688〜3188
900☓500〜1500 1763〜3263
1000☓500〜2000 1838〜4088
1100☓500〜2000 1913〜4163
1200☓500〜2000 1918〜4238
1300☓500〜2000 2063〜4313
1400☓500〜2000 2138〜4388
1500☓500〜2000 2213〜4463
1600☓500〜2000 2288〜4538
1700☓500〜2000 2363〜4613
1800☓500〜2000 2438〜4688
1900☓500〜2000 2513〜4763
2000☓500〜2000 2588〜4838

施工時(埋戻、転圧、等)はサポートを必ず設置してください。

寸法表

表はスワイプすることができます。
呼び名 各寸法(mm) 参考重量
(kg)
増減重量(kg)
水路高さ
100mm当り
(注2)
B ☓ H(注1) T1 T2 b
2000☓1000〜3000 200 200 150 4513〜8513 200
2100☓1000〜3000 4613〜8613
2200☓1000〜3000 4713〜8713
2300☓1000〜3000 4813〜8813
2400☓1000〜3000 4913〜8913
2500☓1000〜3000 5013〜9013
2600☓1000〜3000 5113〜9113
2700☓1000〜3000 5213〜9213
2800☓1000〜3000 5313〜9313
2900☓1000〜3000 5413〜9413
3000☓1000〜3000 5513〜9513

L型水路も製作可能です。

注1)水路高さHは、100mm単位とします。
注2)水路高さが100mm変わるごとに増減する製品重量です。

サイズによっては、運搬時に通行許可が必要となる場合があります。

大型プレキャスト開水路

施工断面図

階段タイプ
勾配タイプ

参考歩掛

表はスワイプすることができます。

(10m当り)

1個当り長さ(mm) 1個当り重量(t/個) 世話役(人) 特殊作業員(人) 普通作業員(人) トラッククレーン
賃料(日)
諸雑費率(%)
2000 1 〜 2 " 0.2 0.5 0.4 0.2 1
2 〜 4 " 0.3 1.0 0.8 0.3
4 〜 6 " 0.5 1.6 1.4 0.5
6 〜 8 " 0.7 2.2 2.0 0.6
8 〜 10 " 1.0 2.8 2.5 0.8
10 〜 12 " 1.3 3.4 3.1 1.0

【備考】

  • 1.歩掛りは、1ブロックを1部材で構成するU型水路の据付作業であり、掘削、基礎、埋戻しは含みません。
  • 2.トラッククレーンは賃料としています。
  • 3.敷モルタルは含んでおりません。
  • 4.諸雑費は、レバーブロック等の敷設器具の損料であり、労務費、トラッククレーン賃料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上してください。
  • 5.曲線部については、上記表の50%増しで計算してください。
  • 6.U型水路の荷降し費用は含んでおりません。

標準施工断面図

寸法表

表はスワイプすることができます。
呼び名 厚さ(mm)
B ☓ H t1 t2
700 ☓ 500 〜 1200 ☓ 2000 50 150
1300 ☓ 500 〜 3000 ☓ 3000 100 200

注)埋め戻し時に、設計条件以上の荷重がかかる恐れがあるので、
図の様にパイプサポート等で支持してください。

施工手順

全サイズの寸法・立積・重量は、「U型水路寸法表」を参照ください。

1基礎工

基礎材、基礎コンクリートを所定の厚さに施工します。

2敷設工

  • ①U型水路の敷設は、敷設基盤の低い方から高い方に向かって
    行います。
  • ②敷きモルタルを厚さ2cm程度になるよう平らに敷き均します。
  • ③継手部のシール材が確実に貼り付けられていることを確認します。
  • ④吊り金具、ワイヤーロープ等の安全点検を十分に行い、
    【図1】、【図2】のようにつり上げ、施工します。
    吊り込み作業中は、製品の下に入らないでください。
  • ⑤接合は、プレートにより連結します。
  • 内空寸法・製品重量に関わらず、側壁内側4点で吊ることを標準とします。
  • 内空幅が1.0m以上の場合は、側壁内側にしぼられることを防ぐ為、吊り冶具を使用します。
  • 必ず重心よりも上の位置に吊り金具を取り付けます。

3埋め戻し

  • ①埋め戻し、転圧等施工時は、施工断面図に示すパイプサポートを必ず設置します。
  • ②埋め戻し材料は、一層の仕上がり厚さが20〜30cm程度以下になるようにまき出し、
    また、偏心荷重がかからないように均等に埋め戻すように注意してください。
  • ③締め固めを行う際は、転圧機により製品に損傷を与えないように注意してください。